ボンベカノン ぼんべかのん

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代後期/1845
2冊
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
重要文化財

 「ボンベカノン」はペキサンス砲とも呼ばれる破裂砲弾用の新式砲。この驚異的な大砲の情報は阿片戦争が勃発した天保11(1840)年に日本に伝わった。武雄では早くもこの年の11月に砲術家平山醇左衛門が「ペキサンス大砲絵図」を長崎に発注、弘化2(1845)年10月には領主鍋島茂義がペキサンスの原書を購入。長崎の阿蘭陀通詞西記志十に訳させたものがこの写本である。付箋から、海砲の付図を嘉永元(1848)年7月22日に「少将様」、すなわち鍋島直正に献上したことが判る。

関連リンク

ボンベカノンチェックした作品をもとに関連する作品を探す

ボンベン野戦砲(施条カノン砲)
ナポレオン式四斤野砲
試薬臼砲(プルーフ・モルチール)
モルチール砲(臼砲)
船関係資料
ページトップへ