南紀男山焼 紀三井寺図水指 なんきおとこやまやき きみいでらずみずさし

陶磁 / 江戸 / 和歌山県 

和歌山市
江戸時代後期
一口
和歌山市湊本町3丁目2番地
和歌山市立博物館

南紀男山窯は、崎山利兵衛(さきやまりへえ)が文政10年(1827)に有田郡広村に開窯した登窯で、九州の伊万里焼に似た染付の磁器類を多く焼いた。名刹紀三井寺と名草山を描く。

作品所在地の地図

関連リンク

南紀男山焼 紀三井寺図水指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南紀男山焼 色絵花蝶文花生
南紀男山焼 不老橋絵鉢
南紀男山焼 染付玉津春暁図花生
南紀高松焼 染付高松茶屋根上松図花生
瑞芝焼 青磁菊透文手焙
ページトップへ