尾張西部の子供ザイレン おわりせいぶのこどもざいれん

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選定年月日:20170303
保護団体名:特定せず
備考:毎年7月~8月(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

本件は,愛知県の尾張地方の中でも,西部の木曽川下流域の地域を中心にみられ,水難防止や災厄除けを祈願して,7月から8月にかけて行われる。
ザイレンとは,祭礼の語の転訛とされ,子供ザイレンと呼ぶ地域が多いが,行事に際して作られる祠やその材料となる葭に因んで,オミヨシサンやオミコシサンなどと呼んでいる地域もある。
子供ザイレンは,小学生から中学生までの男子が行事の主体であり,近年は女子も参加するようになっているが,子供組や子供連中などと呼ばれる5歳から15歳までの男子の行事として伝えられてきた。オヤブンやオヤカタと呼ばれる年長の子供が指揮をとり,宿となる公民館などに数日前から集まって行事の準備をしたり,会食をしたりする。
行事の当日は,葭や藁,野菜などで作った天王様の祠や大蛇などを川の近くや神社の境内などに祀り,夜になると提灯トボシと称して,大きな柱を立てて提灯を山型に飾り,その下で花火などをして遊ぶ。
(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

尾張西部の子供ザイレンチェックした作品をもとに関連する作品を探す

須成祭
乙父のおひながゆ
金津の七夕行事
佐田岬半島の初盆行事
南国市後川流域のエンコウ祭
ページトップへ