久米島町奥武島の畳石 くめじまちょうおうじまのたたみいし

その他の画像全2枚中2枚表示

地質鉱物 / 沖縄 

沖縄県
沖縄県島尻郡久米島町
指定年月日:20140729
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 久米島は、沖縄本島の西方100キロメートルに位置する。久米島町奧武島の畳石は、久米島の東海岸の沖合い600メートルの奥武島の海岸の岩畳である。この岩畳は、安山岩質の溶岩からなり、柱状(ちゅうじょう)節理(せつり)が模式的に発達する。
 地質学的に琉球(りゅうきゅう)弧(こ)南部を形成する島々には、火山岩系統の地質からなる島がほとんど見られない。現在活動を行っている火山としては、無人島である硫黄(いおう)鳥島(とりしま)と西表(いりおもて)海底火山があるのみである。過去に火山活動の痕跡を遡ってみても、久米島と粟国(あわぐに)島(じま)に第三紀の火山岩が分布するのみで、沖縄本島・宮古・八重山(やえやま)・西表などの主要な島々には、火山岩系統の地質は見られない。こうした島々の中で久米島は異色の存在である。全島が火山岩や火砕流・泥流堆積物から構成されこれを縁どるようにサンゴ礁が発達している。久米島の火山活動は過去二つの時期にあったことが指摘されている。一つは第三紀中新世(2000万年前)、もう一つは第三紀鮮新世(数百万年前)である。どちらも、琉球列島形成以前のアジア大陸の縁辺(えんぺん)部(ぶ)での火山活動である。「久米島町奧武島の畳石」の形成期は、後者の時期にあたる。
 アジア大陸の縁辺部に凹みが形成され、東シナ海が開き始めるのである。現在の琉球列島の形成の始まりである。日本海が開き、日本列島の形成が始まるのが1500万年前であるから、琉球列島の形成は1000万年近く遅れて開始したことになる。
 溶岩が固結する際には、体積収縮により柱状節理(規則的な割れ目)ができることがあ…

作品所在地の地図

関連リンク

久米島町奥武島の畳石チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久高島の海岸植物群落
久米の五枝のマツ
竹田の阿蘇火砕流堆積物
姫島の黒曜石産地
宇江城城跡
ページトップへ