イスパニアに寄る常長 いすぱにあによるつねなが

日本画 

福田恵一 (1895(明治28)年-1956(昭和31)年)
フクダ・ケイイチ
大正12年/1923年
絹本彩色
111.3×115.8

仙台藩主・伊達政宗の命により、遣欧使節団としてイスパニア(スペイン)とローマへと渡った支倉常長。異国の地で指輪やペンダントをしながらも、髷を結い刀を携えるその姿は、見るものをひきつけるインパクトがあります。イスパニア領国との通商許可願いは聞き入れられず、常長は使命を果たせぬまま帰路につきました。この作品はもともと、大正12(1923)年の日本美術展に《旅愁》という題で出品されていますが、その題名が示すように、任務を完遂できなかった無念さや長旅の疲れが、やや愁いを帯びたその表情にこめられているように思われます。
作者の福田恵一は、広島県福山市の生まれ。東京美術学校を卒業後、東京から大阪、その後京都に住み、教職に就きながら画技を磨きます。帝展を舞台に3度の特選を受賞するなど目ざましい活躍をし、画壇での評価を確かなものとします。綿密な時代考証に基づく歴史人物画を得意としました。

作品所在地の地図

関連リンク

イスパニアに寄る常長チェックした作品をもとに関連する作品を探す

慶長遣欧使節関係資料
青衣の女
青衣の女

広島晃甫(新太郎)

雪の日
雪の日

福田平八郎

天正少年遣欧使節記
天正少年遣欧使節記

グワルティエリ

次伊達政宗征南詩韻
ページトップへ