四国山地の発酵茶の製造技術 しこくさんちのはっこうちゃのせいぞうぎじゅつ

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選定年月日:20180308
保護団体名:特定せず
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 本件は,徳島県勝浦郡上勝町・那賀郡那賀町,愛媛県西条市,高知県長岡郡大豊町等,四国地方の標高数百mの山間部に伝承されている茶の製造技術で,製造過程で人為的な発酵が行われる点に特色がある。
 徳島県では,阿波晩茶などと呼ばれ,夏場に刈り取った茶葉を,煮てから揉捻し,桶に数週間漬け込んで発酵させ,最後に乾燥させる。
 愛媛県や高知県では,それぞれ石鎚黒茶,碁石茶などと呼ばれ,夏場に刈り取った茶葉を,蒸してからカビ付けした後に,桶に数週間漬け込んで発酵させ,最後に乾燥させる。
 阿波晩茶が一段発酵,石鎚黒茶や碁石茶が二段発酵という違いはあるものの,摘んだ茶葉をすぐに加熱して自然発酵を抑制する一方で,後に人為的に強制発酵させる点は共通し,どちらも独特の酸味を持った茶となる。
(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

四国山地の発酵茶の製造技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿波の太布製造技術
土佐の茶堂の習俗
六合入山のネドフミとスゲ細工の技術
伊予の茶堂の習俗
讃岐の茶堂の習俗
ページトップへ