庄内浜及び飛島の漁撈用具コレクション しょうないはまおよびとびしまのぎょろうようぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 明治 / 日本 

山形県酒田市~鶴岡市
明治
1937点
山形県鶴岡市
指定:1976(昭和51).8.23
致道博物館
重要有形民俗文化財

 日本海に面した庄内浜は、南北約80km程の海岸で、最上川河口を中心とした北部の砂浜と、南部の岩礁の多い磯浜とに大別することができる。また、飛島は、酒田沖約40kmにある小島で、周辺は良好な漁場となっている。
 庄内浜では、古くから沿岸漁業が盛んに行われてきた。沖合には大小の魚礁があり、季節の折々に網漁や釣漁など各種の漁が営まれた。伝統的漁法や漁舟、漁具は、近年急速に姿を消しているが、小舟を操って海底を覗く磯見漁などには、昔ながらの漁の様子をみることができる。
 この資料は、庄内地方に伝わる各種漁撈法の用具や漁舟を中心に、信仰資料や仕事着に到るまでまとめたもので、漁撈の地域的特色を示すものとして重要である。指定の内容は、磯見漁関係220点、釣漁関係968点、網漁関係182点、筌漁関係27点、船10隻、船関係48点、製造加工関係18点、制作修理関係110点、運搬交易関係48点、服飾関係120点、飲食関係66点、信仰儀礼関係120点。

作品所在地の地図

関連リンク

庄内浜及び飛島の漁撈用具コレクションチェックした作品をもとに関連する作品を探す

庄内浜及び飛島の漁撈用具
八戸及び周辺地域の漁撈用具と浜小屋
北佐渡(海府・両津湾・加茂湖)の漁撈用具
三浦半島の漁撈用具
最上川水系の漁撈用具
ページトップへ