最上川水系の漁撈用具 もがみがわすいけいのぎょろうようぐ

その他の画像全3枚中3枚表示

有形民俗文化財 / 東北 

山形県
810点
鶴岡市家中新町10-18
指定年月日:19820421
管理団体名:
備考:内訳:筌漁用具214点 突き漁用具181点 釣漁用具72点 網漁用具196点 船11隻 
船関係用具29点 運搬用具45点 服装・飲食関係用具52点 その他1…
(財)致道博物館
重要有形民俗文化財

 最上川は東北地方有数の河川で、そこで行われてきた漁撈は、この地域の人々の生活を古くから支えてきたものであル戸同時に、北方系河川漁撈の特色がみられるものである。
 この収集は、最上川の上流から下流までのほぼ全域にわたる漁撈用具の収集で、筌漁【どう】・突き漁・釣漁・網漁・氷下【こおりした】漁などの各種の漁法に関する漁具をはじめ、舟や生簀に至るまで綿密に取りまとめられており、東北地方の河川漁撈の特色をよく示している。

作品所在地の地図

関連リンク

最上川水系の漁撈用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

最上川水系の漁撈用具コレクション
三浦半島の漁撈用具
荒川水系の漁撈用具
庄内浜及び飛島の漁撈用具
北佐渡(海府・両津湾・加茂湖)の漁撈用具
ページトップへ