赤楽茶碗(太郎坊)〈長次郎作/〉 あからくちゃわん(たろうぼう)〈ちょうじろうさく〉

工芸 / 安土・桃山 / 近畿

  • 長次郎
  • 京都府
  • 桃山時代/1501-1600
  • 素地は赤褐色軟質陶胎、手捏ねで成形する。口縁をやや内に抱え込んで丸く仕上げ、胴はわずかに張りをもたせる。胴から高台際にかけて丹念に篦で削って仕上げる。高台は小振りの円形…
  • 高8.1 口径10.6 高台径4.7(㎝)
  • 1口
  • 京都府京都市上京区小川通寺之内上ル
  • 重文指定年月日:20000627
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 一般財団法人今日庵
  • 国宝・重要文化財(美術品)

長次郎作の腰に丸みをもつ半筒形の茶碗である。
 天正年間に千利休の好みを受けて「宗易形【そうえきがた】」といわれる茶碗を創出した楽焼の創始者長次郎の作品は茶碗を中心に手捏ねにより内窯焼成【うちがましょうせい】によって製作された。
 長次郎の楽茶碗には赤楽・黒楽の二種があり、ともに手捏ねによる半筒型【はんづつがた】を基本としている。
 本茶碗は、ふっくらと丸い腰から口縁に向かって胴がまっすぐに立ち上がり、口縁が内にわずかにすぼまる姿をなし、底はやや厚造りとする。柔らかみのある端正な姿に、永年の使用によって変化した白釉(透明釉)がよく調和し、落ち着いた佇【たたず】まいを示す。
 本作品は、無一物とともに数少ない長次郎の初期の赤楽茶碗を代表する優品である。利休・宗旦所持、鴻池家伝来。

赤楽茶碗(太郎坊)〈長次郎作/〉 あからくちゃわん(たろうぼう)〈ちょうじろうさく〉

ページトップへ