短刀〈銘来国光(名物有楽来国光)/〉 たんとう〈めいらいくにみつ(めいぶつうらくらいくにみつ)〉

工芸 / 鎌倉 / 近畿

  • 来国光
  • 鎌倉
  • 平造、三つ棟、身幅広く重ね厚く大振りの短刀。鍛小板目肌約み地沸つく。刃文湾れに互の目交じり、小足入り匂深く小沸つく。帽子表裏乱込み、やや崩れごころに沸つき、表裏異なる。…
  • 身長27.7 反りなし 元幅2.7 茎長10.6 (㎝)
  • 1口
  • 重文指定年月日:19311214
    国宝指定年月日:19550202
    登録年月日:
  • 東建コーポレーション株式会社
  • 国宝・重要文化財(美術品)

親の来国俊には見られない幅廣で沸の強い乱刃の短刀。やや寸法が長く、がっしりとした姿で、地鉄が強く、刃文は激しく、同工の作風をしめしている。
織田有楽の愛刀であったことから、有楽来国光の号があり享保名物帳に所載され、長く前田家に伝わったものである。

短刀〈銘来国光(名物有楽来国光)/〉

ページトップへ