白雲洞茶苑不染庵 はくうんどうちゃえんふせんあん

建造物 住居建築 / 大正 / 関東

  • 神奈川県
  • 大正/1916頃
  • 木造平屋建、茅葺、建築面積35㎡
  • 1棟
  • 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-69
  • 登録年月日:20011120
  • 箱根登山鉄道株式会社
  • 登録有形文化財(建造物)

白雲洞の西に独立して建つ寄棟造,茅葺の茶室。2畳台目の小間とともに4畳半の寄付,水屋を備え,前面に深い土庇を付す。?丸太を多用し,竹垂木の駆込み天井とするなど,草庵風の侘びた意匠になる。設計は,数寄者・工匠として名高い仰木魯堂と考えられる。

白雲洞茶苑不染庵 はくうんどうちゃえんふせんあん

その他の画像

全2枚中 2枚表示

白雲洞茶苑不染庵白雲洞茶苑不染庵
ページトップへ