白雲洞茶苑白雲洞 はくうんどうちゃえんはくうんどう

建造物 住居建築 / 大正 / 関東

  • 神奈川県
  • 大正/1916頃
  • 木造平屋建、茅葺、建築面積33㎡
  • 1棟
  • 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-69
  • 登録年月日:20011120
  • 箱根登山鉄道株式会社
  • 登録有形文化財(建造物)

三井物産総帥益田孝が営んだ山荘の茶室の一つ。6畳に手前座を付した主室,4畳の次の間,水屋などからなり,主室には囲炉裏を切る異例の構えとする。寄棟造,茅葺で田舎屋風の外観を呈し,室内では古材を数多く用い,内外とも野趣あふれた独特の意匠となる。

白雲洞茶苑白雲洞 はくうんどうちゃえんはくうんどう

その他の画像

全2枚中 2枚表示

白雲洞茶苑白雲洞白雲洞茶苑白雲洞
ページトップへ