白雲洞茶苑対字斎 はくうんどうちゃえんついじさい

建造物 住居建築 / 大正 / 関東

  • 神奈川県
  • 大正/1922
  • 木造平屋建、柿葺、建築面積44㎡
  • 1棟
  • 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-69
  • 登録年月日:20011120
  • 箱根登山鉄道株式会社
  • 登録有形文化財(建造物)

白雲洞の東に建ち,寄付を介して渡廊下で連絡する。炉を切った主室8畳と水屋を備えた控え4畳の座敷の東及び南に矩折れに広縁を回した平面で,東寄り傾斜地の部分は掛造りとし,変化に富んだ外観を造る。山荘が原三渓に譲渡された後に建築されたといわれる。

白雲洞茶苑対字斎 はくうんどうちゃえんついじさい

その他の画像

全2枚中 2枚表示

白雲洞茶苑対字斎白雲洞茶苑対字斎
ページトップへ