刀〈/金象嵌銘正宗磨上/本阿弥花押〉(名物池田正宗) かたな〈きんぞうがんめいまさむねすりあげ/ほんあみかおう〉(めいぶついけだまさむね)

工芸 / 鎌倉 / 中部

  • 正宗
  • 愛知県
  • 鎌倉
  • 鎬造、庵棟、反浅く鋒延びる。鍛板目地沸つき地景頻りに入る。刃文湾れに互の目交じり、小足入り、小沸よくつき砂流ごころあり。飛焼あり。帽子乱込み、掃きかけ、金筋頻りにかかり…
  • 身長67.0  反1.7  元幅3.0  先幅2.5  (㎝)
  • 1口
  • 徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
  • 重文指定年月日:19531114
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 公益財団法人徳川黎明会
  • 国宝・重要文化財(美術品)

大磨上無銘の方に、本阿弥光徳が正宗と極めたもので、享保名物帳に所載する池田正宗が本刀である。池田備中守所持につき名付けられたもので、後に徳川秀忠から尾張家に贈られた。

刀〈/金象嵌銘正宗磨上/本阿弥花押〉(名物池田正宗) かたな〈きんぞうがんめいまさむねすりあげ/ほんあみかおう〉(めいぶついけだまさむね)

ページトップへ