短刀〈銘相模国住人広光/延文五年八月日〉 たんとう〈めいさがみのくにじゅうにんひろみつ/えんぶんごねんはちがつひ〉

工芸 / 南北朝 / 中部

  • 相模国住人広光
  • 南北朝/1360
  • 平造、三ッ棟、反先返りごころ。鍛板目肌約み地沸つく、刃文皆焼小沸つき砂流しごころあり。帽子乱込み、乱れて深く返る。彫り表梵字、素剣、瓜、裏梵字、毛抜。茎生ぶ舟形、鑢切僅…
  • 身長42.6  反0.4  (㎝)
  • 1口
  • 重文指定年月日:19520719
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 個人
  • 国宝・重要文化財(美術品)

広光は秋広と並んで南北朝時代の相州物を代表する刀工である。本作は一段と大振りで皆焼も華やかで健全である。

短刀〈銘相模国住人広光/延文五年八月日〉

ページトップへ