環山 かんざん

建造物 住居建築 / 昭和以降 / 関東

  • 神奈川県
  • 昭和前/1926~1945/1981・2012改修
  • 木造平屋建、茅葺一部瓦葺、建築面積172㎡
  • 1棟
  • 神奈川県足柄下郡箱根町木賀字新田952-4
  • 登録年月日:20150326
  • 登録有形文化財(建造物)

入母屋造茅葺の広間棟と寄棟造茅葺の茶室棟を繋げた独特な構成で、広間棟は表千家残月を写した主室と次の間に縁を廻らし、茶室棟は三畳半茶室と大炉の間、立礼席からなり多様な数寄屋意匠でまとめる。箱根に残る戦前の財界人の数寄屋別荘としても価値がある。

環山 かんざん

ページトップへ