曜変天目茶碗 ようへんてんもくちゃわん

工芸 /  / 近畿

  • 滋賀県
  • 南宋
  • 素地は鉄分の多い灰黒色の陶胎。光沢の強い黒入りの釉薬が厚くかかり、腰以下は露胎。形は口辺が捻り返しとなり、腰がすぼみ、高台の小さく、底の削り込みの浅い、いわゆる天目形。…
  • 高7.1  口径12.4  高台径3.9 (㎝)
  • 1口
  • MIHO MUSEUM 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
  • 重文指定年月日:19531114
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 国宝・重要文化財(美術品)

本茶碗は、加賀前田家に伝わり、古来より珍重されている。もともと前田家に伝わった曜変天目は二つあり、もう一口は根津美術館の所蔵である。根津美術館の曜変はむしろ油滴天目とよぶべきもので、曜変天目として名高いのはこの茶碗と言われる。

曜変天目茶碗

ページトップへ