太刀〈銘久国/〉 たち〈めいひさくに〉

工芸 / 鎌倉 / 中部

  • 久国
  • 鎌倉
  • 鎬造、庵棟、小鋒の細身。地板目やや肌立ち細かに沸え、刃文はよく働き小乱れに足入り、沸強く金筋かかり、帽子は小丸、掃きかかる。茎は磨上、今は栗尻、表先に原鑢を残し、目釘穴…
  • 身長65.1  反2.0  (㎝)
  • 1口
  • 重文指定年月日:19390527
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 国宝・重要文化財(美術品)

粟田口久国の作。同作の有銘のものは現存するものが少なく貴重である。

太刀〈銘久国/〉

ページトップへ