西崎山環状列石 にしざきやまかんじょうれっせき

その他 / 縄文 / 北海道 

北海道
縄文時代後期
余市町栄町
中央バスフゴッペ洞窟前バス停から徒歩20分、広域農道西崎山トンネル駐車場から徒歩3分、余市水産博物館 0135-22-6187
北海道指定史跡

・西崎山環状列石群は、第1区から第4区に区分されますが、このうち、第1区が西崎山環状列石として史跡に指定されています。
・指定地の第1区は、余市駅から東南へ5.5キロメートル、海抜70メートルの西崎山の丘上にあります。
・このサークルは縄文時代後期の墓で、直径1~2メートルの遺構が7か所密集して、一つの大きなサークルを形成しており、長径17メートル、短径12メートルの楕円形をなし、大小数百個の自然石が並べられています。
・大きいサークルを構成する小さいサークルの一つ一つは墓穴と思われます。土器や石鏃が発見されています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

西崎山環状列石チェックした作品をもとに関連する作品を探す

地鎮山環状列石
鷲ノ木遺跡
音江環状列石
天内山遺跡出土の遺物
伊勢堂岱遺跡
ページトップへ