岩切城跡 いわきりじょうあと

城跡 / 東北 

宮城県
仙台市宮城野区岩切、宮城郡利府町
指定年月日:19820823
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 岩切城は、留守氏の居城として知られ、その所領は本領の岩切・利府・多賀城を中心としている。
 城は、仙台市岩切から利府町神谷沢にまたがる、東西約500メートル、南北約400メートルの天険の地を城域とした山城で、標高106メートルの高森山の尾根を3〜4段に削平して中心の郭を設け、峰続きの台地や谷を隔てた台地の各所にも各郭を置き、堀割を作って守りをかためている。これらの諸郭は、少なくとも南北朝時代から留守氏全盛の戦国時代へと順次拡大、整備されていったものと考えられ、まさに東北地方における典型的な山城といえるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

岩切城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天霧城跡
小早川氏城跡<BR/> 高山城跡<BR/> 新高山城跡<BR/> 三原城跡
飛山城跡
都於郡城跡
白旗城跡
ページトップへ