河後森城跡 かごもりじょうあと

その他の画像全3枚中3枚表示

城跡 / 中国・四国 

愛媛県
北宇和郡松野町
指定年月日:19970911
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

H09-07-044[[河後森城跡]かごもりじょうあと].txt: 河後森城跡は、伊予と土佐の国境地帯の山間地に位置し、清流四万十川の支流の広見川に臨む、秀麗な山容の独立山塊上に占地する大規模な城郭跡である。中世に黒土郷河原淵領と呼称されたこの地域は、現在の松野町・広見町の大部分および日吉村で構成され、河後森城跡が領域の中心の地位を占めている。
 中世の四国南西地域は、南北朝期に西園寺氏の一族が伊予国宇和荘に、応仁の乱中に摂関家の一条氏が土佐国幡多荘に下向土着し、ともに戦国期に小大名化するという特殊な地域史を共有している。黒土郷河原淵領の領主の渡邊氏の出自は不明だが、暦応3年(1340)の大洲清谷寺諸旦那譲状に道後河野氏、宇和西園寺氏とともに河原淵殿一族の記載があり、このころにはすでに一定の勢力を保持していたと考えられる。
 16世紀中ごろの河後森城主の式部小輔教忠は土佐の一条氏からの入嗣であり、一条氏の勢力が西園寺氏を圧迫していたことが知られる。近世文書の「宇和旧記」によれば、渡邊教忠は西園寺15将と呼ばれた国人領主の中で、最も大身の16,500石を領したという。近世の編纂物である「清良記」の記載によれば、天文から天正期にかけてこの地域一帯では一条氏と長宗我部氏の合戦が繰り返され、天正5年(1577)には渡邊教忠も長宗我部氏に降り、家臣の芝源三郎によって河後森城主の地位を追われた。同13年、豊臣氏の四国討伐により長宗我部氏は敗れ、宇和郡は小早川領に組み入れられた。同15年ころには戸田氏、文禄3年(1594)ころには藤堂氏と頻繁に豊臣系大名が入れ替わった。宇和島城…

作品所在地の地図

関連リンク

河後森城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岡豊城跡
湯築城跡
佐土原城跡
清色城跡
穆佐城跡
ページトップへ