洲本城跡 すもとじょうあと

その他の画像全3枚中3枚表示

城跡 / 近畿 

兵庫県
洲本市小路谷
指定年月日:19990114
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 洲本城跡は,淡路島の南東,洲本市街地の南側にそびえる標高約130mの三熊山に所在する,戦国時代から江戸時代にかけて淡路国統治の中心となった山城跡である。東西約800mの範囲に総石垣の曲輪が展開する。大手門を南側に開き,北奥の最高所に天守を配して紀淡海峡を見下ろし,遥か彼方に大阪・堺の市街地を遠望する。
 天守の南下に本丸,続いて南東側に南の丸,東の丸・用水池・武者溜まりを,西側には籾倉,西の丸を配し,北側の急斜面には2本の登り石垣と北側斜面を守る小規模な郭群,10数本の大規模な竪堀を設けている。各郭の石垣は、ほんとんどは野面積みであるが,隅石垣などの一部には打ち込みはぎの算木積み技法が用いられている。石材は三熊山産の和泉層群の砂岩及び礫岩である。
 洲本城は,戦国時代前期に紀伊の水軍勢力の安宅氏によって築城されたと伝えられており,江戸時代の地誌「淡路四草」(「淡路常磐草」「淡路草」「堅磐草」「味地草」)は永正7年(1510)の安宅河内守、大永6年(1526)の安宅隠岐守治興による築城の両説を載せている。天正10年(1582)には,織田系大名の菅氏・仙石氏が短期間この城に拠ったが,同12年から慶長14年(1609)までの24年間は,豊臣系大名の脇坂安治が在城して紀淡海峡・大阪湾を守備した。脇坂氏が伊予国大洲に移封された後には藤堂高虎,池田輝政・忠雄が淡路を領したが,この時期の城史はあまり明瞭ではない。元和元年(1615)、大坂夏の陣で豊臣秀頼が滅亡すると,淡路一国は阿波徳島藩・蜂須賀氏に加増された。寛永8年(1631)から12年までの一時期,淡路支配の拠点が由良城(洲本市)に移されたが,12年には「由良引け」…

作品所在地の地図

関連リンク

洲本城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

角牟礼城跡
宇陀松山城跡
唐沢山城跡
湯築城跡
赤木城跡及び田平子峠刑場跡
ページトップへ