岡山城跡 おかやまじょうあと

城跡 / 中国・四国 

岡山県
岡山市丸の内・後楽園
指定年月日:19870530
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

岡山城は、元亀元年(1570)、宇喜多直家が金光宗高の石山の居城を奪取し、天正元年(1573)、沼城より石山の城に移って大改修の工を起して築城に着手したのに始まる。築城の工は子の秀家に引き継がれ、慶長2年(1597)には天守が竣工して、城下町の大綱が定まった。秀家時代に成った岡山城は、現岡山城の原形をなしている。即ち、旭川の流路を背後から東に繞るように付け替えて背後を固め、本丸を核に、南西部に二ノ丸・三ノ丸を配している。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦で敗れた秀家の後を受けて備前・美作両国50万石を領した小早川秀秋は、更に城の整備を進めたが、慶長7年(1602)、継嗣のないまま病没して小早川家が断絶すると、翌慶長8年(1603)、姫路城主池田輝政の五男忠継が備前に封ぜられて岡山城主となり、池田家による岡山藩政の基礎をつくるとともに、岡山城の改築、とりわけ西ノ丸の修築を行った。慶長20年(1615)、忠継病没の後を受けて、弟の洲本城主池田忠雄が封を継ぎ、本丸の改修等、城郭の修復を行った。寛永9年(1632)、忠雄死去後嫡男光仲が跡目を嗣いだが、因幡・伯耆両国を領有して鳥取城に居を構えていた従兄の池田光政と国替となり、光政が岡山城主、光仲が鳥取城主となった。これ以後幕末まで池田時代が続いたが、火災による本丸本段の修復等を除いては、岡山城の改造は行われなかったので、岡山城は、元和・寛永の池田忠雄時代に築造が終了したこととなる。
 完成された岡山城は、北・東2方を旭川で囲まれた3段構の本丸を核に、内濠を隔てて2郭より成る二ノ丸内屋敷の曲輪が南から西…

作品所在地の地図

関連リンク

岡山城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

加納城跡
洲本城跡
水口岡山城跡
金沢城跡
池田光政日記 附池田光政自筆系図及び覚
ページトップへ