仙台藩花山村寒湯番所跡 せんだいはんはなやまむらぬるゆばんしゅあと

史跡 / 東北 

宮城県
栗原市
指定年月日:19630928
管理団体名:栗原市(昭40・3・4)
史跡名勝天然記念物

 仙台藩の口留番所の一つである。地は一迫川の上流、藩領の西北部に位し、秋田藩領に出る口を扼する山峽の要衝であって、川の左岸山麓にある。寒湯の名は、附近の温泉に由来するが、明治以後温湯と改められた。
 街道を遮って表門を構え、その正面に檢断所を置き、檢断所の向って右奥に役宅がある。街道はいま番所跡敷地の外を通っているが、もと表門より門に入り檢断所の前を過っていた。
規模には変遷があり、現在の建物は安政年間の建築といわれる。檢断所の建物は現存しないが、その基壇をとどめ、表門、役宅および蔵寺が現存する。役宅は桁行23.19メートル、梁行11.86メートル、向って右に土間、左に居間を配する一般民家の形式をとつているが、書院造の座敷を具えた堂々たる建物である。
 口留番所は、藩において藩境警備、経済統制等のため設けた施設であって、藩の統治形態を理解する上に重要であるが、本番所はその遺構、環境と相まってよく旧態を偲ばしめるものがあり、この種遺構の乏しい現在貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

仙台藩花山村寒湯番所跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

郡山宿本陣
伊予国宇和郡東多田村絵図
出羽仙台街道中山越
長崎警備図屏風(御非番之図)
大洲藩領大絵図
ページトップへ