瑞泉寺庭園 ずいせんじていえん

その他の画像全4枚中4枚表示

名勝 / 関東 

神奈川県
鎌倉市二階堂
指定年月日:19711108
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

鎌倉時代末期、夢窓疎石が瑞泉寺を興したときに作られた庭園で、境内の奥を限る錦屏山の山頂に〓(*1)界一覧亭と呼ぶ亭があり、これに登る急坂と坂の下の池とが亭の前庭となっている。これは池畔にあった方丈書院の庭園でもある。凝灰岩の岩盤をえぐり削って作り出された特殊の意匠をあらわしている。従来池をはじめ全域にわたって埋没、荒廃していたのを、昭和44~45年に発掘復原した。日本の庭園史上最も重要な位置を占める石立僧夢窓疎石の、初期の作庭遺構であり、鎌倉に残る鎌倉時代の唯一の庭園として、また書院庭園の濫觴をなすものとして貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

瑞泉寺庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞泉寺境内
恵林寺庭園
永保寺庭園
大通寺含山軒および蘭亭庭園
金平成園(澤成園)
ページトップへ