肥前国庁跡 ひぜんこくちょうあと

史跡 / 九州 

佐賀県
佐賀市栄町
指定年月日:19890922
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

肥前国庁跡は、筑紫平野の西部、背振山地に源をもつ嘉瀬川が形成した扇状地の扇央付近に位置する。この地域は、古くから肥前国府の故地に比定されていた所であり、発掘調査の結果もそれを裏付けた。
 佐賀県教育委員会は、昭和五十〜五十九年の一〇年間、この地の発掘調査を実施して、国庁跡の規模と内部構造をほぼ明らかにした。国庁域は築地〓(*1)で区画され、その規模は築地外溝の心々で東西七七・二メートル、南北一〇四・五メートルである。門は調査区の関係で、南門のみの検出であるが、築地が内側に折れた入門であったことが明らかとなっている。規模は東西三間(六・九メートル)、南北二間(四・五メートル)であり、二度の建替が認められ、最初は掘立柱建物であったのが、最後は礎石建物に変えられている。
 国庁域内で発見された建物は、すべて掘立柱建物であり、南門、前殿、正殿、後殿は、いずれも建物中軸線をそろえて南北に配列されており、この中軸線は国庁域の中軸線ともなっている。さらに、前殿の西側には、西妻をそろえた南・北二棟の脇殿が検出されており、未確認ではあるが東側にも同様の建物の配されていたことが予想できる。これは、正殿の西側に取りつく回廊についても同じである。
 前殿は、東西七間(二〇・八六メートル)、南北二間(五・四メートル)の東西棟で、一度の建替がある。正殿は、東西九間(二五・〇六メートル)、南北四間(一〇・八メートル)の四面廂付東西棟で、身舎は東西二〇・八六メートル、南北六・六メートルの規模を有し、廂の柱間は二・一メートルとなっている。建物の西妻中央部から、単廊形式の回廊が西…

作品所在地の地図

関連リンク

肥前国庁跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

近江国府跡<BR/> 国庁跡<BR/> 惣山遺跡<BR/> 青江遺跡<BR/> 中路遺跡
伊勢国府跡
平安宮跡<BR/> 内裏跡<BR/> 朝堂院跡<BR/> 豊楽院跡
因幡国庁跡
美濃国府跡
ページトップへ