平安宮跡
 内裏跡
 朝堂院跡
 豊楽院跡
へいあんきゅうせき
 だいりあと
 ちょうどういんあと
 ぶらくいんあと

その他の画像全6枚中6枚表示

史跡 / 平安 / 近畿 

京都府
京都市中京区、上京区
指定年月日:19791222
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

平安宮は平安京の北部、朱雀大路の正面にあり、東西八町南北一〇町の地を占めている。平安宮の正門である朱雀門の中に入ると、正面に国家の正式な儀式を行う朝堂院がある。朝堂院の西側には、朝堂院とよく似た構成の院がもうひとつ並んでいる。ここを豊楽院といい、豊楽院は天皇が公的に宴会する所であり、大嘗会や、正月七日、一六日節会などの〓(*1)宴や射礼などが行われた場所であった。豊
 楽院内には、周囲築地で囲まれた細長い内郭の北に正殿である豊楽殿が南面して建つ。
 昭和六十二年十月から昭和六十三年一月にかけての発掘調査(約四五〇平方メートル)で豊楽院の正殿である豊楽殿の遺構が発見された。遺構は、豊楽殿の北辺中央から西側にかけての部分で、その検出遺構は壇正積基壇跡・階段跡・礎石抜き取り跡・北廊跡・地鎮跡等である。
 豊楽殿は凝灰岩壇正積基壇の上に建つ礎石建物で、桁行九間(一三一尺)、梁行四間(五四尺)、四面廂付の東西棟である。柱間寸法は身舎の桁行一五尺、梁行一四尺等間、廂は桁行・梁行とも一三尺であり、軒の出は一五尺と推定される。基壇の残存状態は良好で、礎石は残っていないがその据付位置を確認できた。礎石据付跡は一辺二・二メートルから二・四メートルの方形である。階段は基壇北辺部の中央間と中央間から西へ三間目で検出された。中央間階段は、九世紀のある段階で壊され、豊楽殿後方の清暑堂に連なる北廊の基壇が造られている。この北廊西側からは、地鎮に用いたと考えられる土壙を検出した。土壙の中から三足盤を含む土器が三点出土している。
 以上のように、平安宮豊楽殿跡は平安宮の中心部を…

作品所在地の地図

関連リンク

平安宮跡
 内裏跡
 朝堂院跡
 豊楽院跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

難波宮跡<BR/> 附 法円坂遺跡
肥前国庁跡
長岡宮跡
藤原宮跡
近江国府跡<BR/> 国庁跡<BR/> 惣山遺跡<BR/> 青江遺跡<BR/> 中路遺跡
ページトップへ