恭仁宮跡(山城国分寺跡) くにきゅうせき(やましろこくぶんじあと)

その他の画像全2枚中2枚表示

社寺跡又は旧境内 / 飛鳥  奈良  平安 / 近畿 

京都府
古代
木津川市
指定年月日:19570701
管理団体名:木津川市(昭33・8・22)
史跡名勝天然記念物

主要遺構は国分寺境内と寺有原野より成る金堂跡とその南東60間余のところにある塔跡とである。
金堂跡は東西約33間、南北約20間の土壇をなし、その北西隅に円形造出と地覆石を有する花崗岩の礎石があり、南西隅にも礎石かと思われるものがある。また他から移したという凝灰岩の礎石3個と花崗岩の臼状石製品1個が点在している。塔跡は方約8間の土壇上に、花崗岩の礎石がある。側柱東端線の南端2個を欠くのみで、何れも円形造出を有し、中心に出■を具え、側柱礎石には地覆石が造り出されている。
指定地域としては、この2箇所の遺構を中心として、東西凡そ150間、南北凡そ191間の地域にわたり、南端部には大門、東大門と字する地域があり、また恭仁小学校運動場の一隅に凝灰岩の円形造出と地覆石を有する礎石がある。
金堂跡は続日本紀天平18年9月戊寅の條に「恭仁宮大極殿施入国分寺」とあるものに当るべく、ここをもって大極殿の地そのもつに擬する説もある。さりながら遽に從い難く、いま現状に即し、山城国分寺跡として指定しようとするものであって、塔跡の礎石の如きは天平時代の遺構として典型的なものであるばかりでなく、最も優れたものの一ということができる。
 山城国分寺跡は、奈良時代の天平13年(741)聖武天皇の詔により全国に建立された寺院の一つであり、奈良県境に近い木津川右岸に位置する。大宰府での藤原広嗣の乱を契機に東国を巡幸した聖武天皇が、山背国相楽郡甕原の地に入った天平12年から、難波宮を皇都とする同16年までの5年間皇都として経営した恭仁宮の故地に当たる。平城宮から恭仁宮に遷った聖…

作品所在地の地図

関連リンク

恭仁宮跡(山城国分寺跡)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

相模国分尼寺跡
讃岐国分寺跡
甲斐国分尼寺跡
信濃国分寺跡
遠江国分寺跡
ページトップへ