藤原京跡
 朱雀大路跡
 左京七条一・二坊跡
 右京七条一坊跡
ふじわらきょうせき
 すざくおおじあと
 さきょうしちじょういち・にぼうあと
 うきょうしちじょういちぼうあと

史跡 / 近畿 

奈良県
橿原市別所町・上飛騨町
指定年月日:19781004
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S52-06-016[[藤原京朱雀大路跡]ふじわらきょうすざくおおじあと].txt: 藤原京は、持統天皇8年(694)から和銅3年(710)平城京に遷るまでの16年間の都であり、大極殿・朝堂院の跡を中心とする地域が特別史跡藤原宮跡として指定されている。
 藤原宮の南正門、すなわち平城宮、平安宮の朱雀門に当たる門については、戦前日本古文化研究所発掘の「朝集殿院南門」が、最近の再確認調査等の結果、藤原宮朱雀門に比定しうるまでに至ったが、この推定朱雀門から南に延びる朱雀大路については、昭和51年、橿原市の市営住宅建設に伴う発掘調査によって、幅4メートル、深さ0.4メートルの南北大溝2条が検出され、溝中から藤原宮跡と同時期の遺物が出土することもあって、幅21メートルの大路の存在が確かめられるに至った。
 この幅21メートルという規模は、平城京朱雀大路に比せば遙かに狭いが、藤原京朱雀大路の存在が確認されたことは、藤原京が中国の都城制に倣って計画されたことを考古学的に立証する有力な資料となるものであり、藤原京の全体像を解明する上で重要である。
 「藤原京朱雀大路跡」として史跡に指定される地域は、特別史跡藤原宮跡に接する南方地区のコモ池(別所池)に一部西接して、日高山の北裾に至る全長約200メートルの地域である。

作品所在地の地図

関連リンク

藤原京跡
 朱雀大路跡
 左京七条一・二坊跡
 右京七条一坊跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原宮跡
二条大路木簡
平安宮跡<BR/> 内裏跡<BR/> 朝堂院跡<BR/> 豊楽院跡
平城京左京三条二坊宮跡庭園
西寺跡
ページトップへ