旧新発田藩下屋敷(清水谷御殿)庭園および五十公野御茶屋庭園 きゅうしばたはんしもやしき(しみずだにごてん)ていえんおよびいじみのおちゃやていえん

その他の画像全2枚中2枚表示

名勝 / 中部 

新潟県
新発田市大栄町
指定年月日:20030827
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 慶長3年(1598)、溝口秀勝が加賀大聖寺から入封し、新潟県阿賀野川以北の地(揚北)に新発田城を築き、蒲原平野の経営に努めた。新発田は江戸時代を通じて溝口氏の城下町で、小藩ながら比較的豊かであった。
 3代宣直は万治元年(1658)に曹洞宗高徳寺を五十公野の上新保に移し、その跡地を藩の御用地として下屋敷清水谷御殿を建立した。その後4代重雄の時に幕府茶道方縣宗知を新発田に度々招き、作庭の指導を受け、元禄年間(1688-1704)に清水谷・五十公野・法華寺などの庭園が完成している。
 清水谷の庭園は、北寄り御殿上段から眺める大池泉を中心とした奥行きのある景を主としつつ、露地をわたりながら回遊する庭園として造られた。南最奥部に築山を築き、水面は左右に湾入して水面に広がりを思わせる。中景部は水面を絞って左手は州浜に、右手は岩を組んだ険しい岬の景とし、州浜越しには小島を、岬越しに橋を設ける。御殿寄りには水面が大きく広がり、左に水面にせり出す亭、右手にやや大振りの中島を設けている。江戸時代から、「水」の字型に池を掘ったと言われているように、中絞りの池型は前後の水面を大きく見せる効果を発揮し、公儀茶道方指南による往時の庭園地割を良好に保存している大名庭園である。廃藩置県以降次第に荒廃が進んだため、昭和12年復興計画が立てられ、戦争を経て昭和30年復興事業が完了した。指導者は田中泰阿彌で、回遊路に添った露地や建物などはこの時の意匠である。
 五十公野御茶屋は新発田藩主の別邸で、参勤交代にはここで旅装を改めるほか、茶寮として重臣にも開放し遊楽の場とした。池を穿ち…

作品所在地の地図

関連リンク

旧新発田藩下屋敷(清水谷御殿)庭園および五十公野御茶屋庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園
旧熊本藩八代城主浜御茶屋(松浜軒)庭園
旧津山藩別邸庭園(衆楽園)
旧石崎氏庭園<BR/>(石泉荘庭園)
大角氏庭園
ページトップへ