磯間岩陰遺跡 いそまいわかげいせき

史跡 / 近畿 

和歌山県
田辺市湊
指定年月日:19791218
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S54-12-037[[磯間岩陰遺跡]いそまがんいんいせき].txt: 磯間岩陰遺跡は、和歌山県の西南部、紀伊水道に面した田辺湾の最奥部にある。この地域は、第3紀の丘陵が海岸近くせまって複雑なリアス式海岸を形成し、河川の堆積とそれに伴う砂浜の形成によって陸化したかつての島々や半島の崖面には、多数の海食洞窟が残されている。磯間岩陰は、現在の海岸線に接した南北約200メートル、東西幅約50メートル、比高20メートルの軟質砂岩からなる独立丘陵の西面にあり、前面幅約23メートル、奥行約5メートル、高さ約5メートルの規模をもち、この付近では最も大きな岩陰である。
 昭和44年、所有者の宅地工事に伴って、多量の土器と鹿角製品、人骨等が出土したため、翌45年3月に田辺市教育委員会と帝塚山大学考古学研究室による緊急調査が行われた。
 調査の結果、岩陰内部のテラス状の石棚の上につくられた石室8基と火葬跡5か所が発見された。これらの遺構は岩陰の風食による細砂の堆積でおおわれていたが、各石室のいずれにも封土のあった形跡は認められず、本来岩陰内にむき出しの状態であったものと考えられる。8基の石室はいずれも竪穴式石室の形態をとるものであり、副葬品の内容から、5世紀末から7世紀前半にかけて営まれたものと考えられる。
 最大の1号石室は、長さ2.9メートル、幅0.7メートル、高さ0.7メートルの規模をもち、石室内部には、60歳前後の老人と幼児の2体が向きあいで埋葬され、副葬品として、直弧文の装飾をもつ大小2口の鹿角装の鉄剣、鉾、鏃等の武器と、鹿角製の鳴鏑、釣針、鉄製の釣針、土師器等を納めていた…

作品所在地の地図

関連リンク

磯間岩陰遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌山県磯間岩陰遺跡出土品
寄倉岩陰遺跡
上黒岩岩陰遺跡
喜兵衛島製塩遺跡
日向洞窟
ページトップへ