旧永山武四郎邸 きゅうながやまたけしろうてい

住居建築 / 明治 / 北海道 

北海道
明治時代
札幌市中央区北2条東6丁目
地下鉄東西バスセンター前駅から徒歩10分、JR苗穂駅から徒歩10分、旧永山武四朗邸 011-232-0450
札幌市
北海道指定有形文化財

・明治10年代前半(1877頃)、後の第2代北海道長官となった、永山武四郎が私邸として建築したものです。
・三菱合資会社は、明治44年(1911)にこの建物を買収した後、昭和12年頃(1937頃)建物の北側部分を解体して、この木造のクラブ(新棟)を建築し、旧棟部分を貴賓室として使用しました。
・この建物は、洋風の玄関・ホール・応接室および和室等からなり、全体として重厚かつ簡素な意匠でまとめられ、開拓使が手がけた和洋折衷の住宅様式の特色をよく伝えています。
・昭和60年(1985)9月、市街地再開発事業の一環として当時の三菱鉱業セメント株式会社から、札幌市が譲り受けました。

関連リンク

旧永山武四郎邸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧開拓使工業局庁舎
旧函館博物館1号
旧函館博物館1号

田中善蔵

琴似屯田兵屋
旧函館博物館2号
旧函館博物館2号

田中善蔵

豊平館
ページトップへ