木曽呂の富士塚 きぞろのふじづか

有形民俗文化財 / 関東 

埼玉県
1基
川口市大字東内野594-6ほか
指定年月日:19800424
管理団体名:
備考:
川口市
重要有形民俗文化財

 この富士塚は、寛政12年(1800)に富士講の一派、丸参講の信者の発願により築造されたものである。高さは5.4m、直径約20mで、塚全体が盛土で築かれている。頂上には火口が掘ってあり、かつては胎内くぐりの穴も設けられていた。また、富士塚ならびに周囲には、丸参講により造立された石造物が多く残存する。
 関東地方に濃厚にみられる富士塚の中でも古い築造であり、特に埼玉県下のものでは最も古いものである。

作品所在地の地図

関連リンク

木曽呂の富士塚チェックした作品をもとに関連する作品を探す

豊島長崎の富士塚
下谷坂本の富士塚
江古田の富士塚
水角神社の富士塚
生駒十三峠の十三塚
ページトップへ