北海道カリンバ遺跡墓坑出土品 ほっかいどうかりんばいせきしゅつどひん

考古資料 / 縄文 / 北海道 

北海道
縄文
一括
恵庭市南島松157-2
重文指定年月日:20060609
国宝指定年月日:
登録年月日:
恵庭市
国宝・重要文化財(美術品)

本件は北海道カリンバ遺跡の墓坑から出土した副葬品の一括である。本件はカリンバ遺跡出土品のうち、本遺跡を特徴づける縄文時代後期から晩期の三基の墓坑(第118号、第119号、第123号)から出土した副葬品の一括である。
 これら副葬品を代表するものは櫛、腕輪、耳飾り、腰飾り、額飾り、頭飾りなどの漆を用いた装飾品である。これら装飾品は人骨は存在しないものの死者の装飾部位を特定することが推測できる第一級の資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

北海道カリンバ遺跡墓坑出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

カリンバ遺跡
カリンバ遺跡土坑墓出土品
西島松5遺跡土坑墓出土品(漆塗り装身具)
青森県薬師前遺跡墓坑出土品
北海道有珠モシリ遺跡出土品
ページトップへ