磨製石斧/秋田県雄勝郡東成瀬村田子内字上掵出土 ませいせきふ

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 縄文 / 東北 

秋田県
縄文
4箇
秋田市金足鳰崎字後山52
重文指定年月日:19880606
国宝指定年月日:
登録年月日:
秋田県
国宝・重要文化財(美術品)

本遺品は、昭和四十年、農道工事の際に出土した一括である。出土地は雄物川の一支流、成瀬川に面した南向きの段丘上で、石斧は地表下約五〇センチのところから、四箇がほぼ一箇所にまとまった状態で発見されたと伝えられている。
 四箇の石斧は、いずれも良質な緑色凝灰岩を素材とし、いわゆる擦切技法で作られるが、既存の擦切磨製石斧に比べて、群を抜く大形品であること、しかもそれらが一括埋納の可能性を持つことに特徴がある。

作品所在地の地図

関連リンク

磨製石斧/秋田県雄勝郡東成瀬村田子内字上掵出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鹿児島県上野原遺跡出土品
岐阜県中野山越遺跡出土品
神奈川県夏島貝塚出土品
硬玉製玉斧
深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
ページトップへ