硬玉製磨製石斧 こうぎょくせいませいせきふ

考古資料 / 縄文 / 東北 

宮城県
縄文
1箇
東北歴史博物館 宮城県多賀城市高崎1-22-1
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
宮城県
国宝・重要文化財(美術品)

上部の幅は狭く、下部は幅広く、蛤刃【はまぐりば】をつけたいわゆる「定角式磨製石斧」である。全体をていねいに研磨しているが、刃部の一部に自然面がのこっている。上半部は濃緑色を呈し、下半部は白色の部分が多い。
 両面に細かい擦痕が認められる。磨製石斧は縄文時代を通じて最も普遍的に使用された石器であるが、硬玉以外の石材を利用したものがほとんどで、硬玉製のものはきわめて珍しい。

作品所在地の地図

関連リンク

硬玉製磨製石斧チェックした作品をもとに関連する作品を探す

硬玉製玉斧
硬玉製有孔玉器
磨製石斧/秋田県雄勝郡東成瀬村田子内字上掵出土
富山県境A遺跡出土品
北海道八千代A遺跡出土品
ページトップへ