北海道八千代A遺跡出土品 ほっかいどうやちよえーいせきしゅつどひん

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 縄文 / 北海道 

北海道
縄文早期
一括
北海道帯広市緑ヶ丘2番地
重文指定年月日:20181031
国宝指定年月日:
登録年月日:
帯広市
国宝・重要文化財(美術品)

縄文時代早期の集落跡から出土した、多数の縄文土器と石器で構成される。土器は暁式土器と呼ばれ平底で、底部に帆立貝の圧痕がつく。石器は石刃技法にわよる石刃や、石鏃、擦切技法で作られた磨製石斧などを含む。北海道における、縄文文化の定着期の資料として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

北海道八千代A遺跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北海道元江別1遺跡土墳墓出土品
北海道豊原4遺跡土坑出土品
女満別石刃鏃遺跡出土の遺物
鹿児島県上野原遺跡出土品
北海道コタン温泉遺跡出土品
ページトップへ