富山県境A遺跡出土品 とやまけんさかいえーいせきしゅつどひん

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 縄文 / 中部 

富山県
縄文
一括
富山市茶屋町206-3
重文指定年月日:19990607
国宝指定年月日:
登録年月日:
富山県
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、境A遺跡から出土した縄文時代中期から晩期の、玉類および磨製石斧製作関係遺物を中心とした出土品である。
 硬玉を原石から大珠や勾玉等に加工し、製品に至るまでの玉製作関係遺物九三二点、さらに蛇紋岩の原石から磨製石斧の未製品・製品までに至る磨製石斧製作関係遺物五八三点と、中期の深鉢形および台付鉢形土器を主とした土器・土製品類七七点、石鏃・打製石斧・石錘等の石器・石製品類八三三点で構成される。

作品所在地の地図

関連リンク

富山県境A遺跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山梨県一の沢遺跡出土品
岩手県蒔前遺跡出土品
長野県川原田遺跡出土品
岐阜県中野山越遺跡出土品
北海道元江別1遺跡土墳墓出土品
ページトップへ