方保田東原遺跡 かとうだひがしばるいせき

その他の画像全8枚中8枚表示

史跡 / 九州 

熊本県
山鹿市方保田
指定年月日:19850219
管理団体名:山鹿市
史跡名勝天然記念物

方保田東原遺跡は、熊本県の北部、菊池川中流域の標高35mの台地上に所在する、弥生時代後期から古墳時代前期にかけての集落跡である。昭和55年に起こった宅地造成計画に伴い、山鹿市教育委員会が確認調査を実施したところ、少なくとも東西330m、南北300mに及ぶ環濠集落跡であることが判明した。出土遺物としては、多数の土器のほか、鉄鏃・刀子・手鎌・鉄斧などの鉄製品、巴形銅器・銅鏃・小型仿製鏡などの銅製品がある。弥生時代から古墳時代にかけての社会を知る上で重要であることから、史跡に指定した。

作品所在地の地図

関連リンク

方保田東原遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

熊本県方保田東原遺跡出土品
原の辻遺跡
唐古・鍵遺跡
赤坂遺跡
加茂遺跡
ページトップへ