古津八幡山遺跡 ふるつはちまんやまいせき

史跡 / 中部 

新潟県
新潟市
指定年月日:20050714
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 古津八幡山遺跡は新潟県中央部に位置し、信濃川と阿賀野川によって形成された新潟平野に突き出た新津丘陵北西端の標高約15から55m前後の丘陵上に立地する。昭和62年より公共工事に伴う土砂採取に先立ち、新津市教育委員会が発掘調査を行ったところ、日本海沿岸としては最北に位置する弥生時代後期の大規模な高地性環濠集落や新潟県内最大規模の古津八幡山古墳をはじめとして弥生時代から古代にかけての複合遺跡であることが判明し、新津市教育委員会では遺跡の重要性に鑑み現状保存を決定した。
集落は南北に延びる尾根頂上部と北東向き緩斜面を中心に展開しており、北半部は二重の環濠、南半部は尾根を断ち切る濠・溝によって画されている。それにより囲まれる範囲は南北400m、東西150mに及ぶが、一部の住居は環濠や濠の外に分布する。内環濠、外環濠とも完全に連結するものではなく、断続的に北西辺から東辺にかけて配置されている。底面は狭いV字形で、幅約3m、深さ2m程である。遺構が多いのは北地区で、150m四方程度の範囲から環濠、竪穴住居、方形周溝墓、土器棺墓、前方後方形周溝墓が検出された。竪穴住居は32基確認されており、大部分が外環濠内部や条溝で区画され独立した丘陵頂部に位置する。一辺4から6mで、平面形は隅丸方形であり、地床炉、4本柱、壁溝、貯蔵穴があるものがほとんどである。山側に弧状の周溝を持つものが多く、北陸地方中西部からの影響を受けたものとみられる。一方、方形周溝墓は外環濠の外側に位置し、埋葬施設は組合せ式木棺と見られ、主体部から鹿角装鉄剣やアメリカ式石鏃が出土し、出土遺物…

作品所在地の地図

関連リンク

古津八幡山遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下谷地遺跡
加茂遺跡
田和山遺跡
池上曽根遺跡
唐古・鍵遺跡
ページトップへ