根知山寺の延年 ねちやまでらのえんねん

無形民俗文化財 / 中部 

選定年月日:19720805
保護団体名:山寺延年奉賛会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は大字山寺の日吉神社の祭に演じられるもので、現地では″おててこ舞″などとも呼ばれている。日本海岸沿いに分布の見られる稚児舞楽を中心に、小歌踊、神楽舞などを延年風に仕組んだものである。
 おててこ舞はこのうちの風流小歌踊をさし、その芸態は近世初期の歌舞伎踊などを考えるうえに貴重な芸能資料である。
 上演次第はまず、露払いのくるいの舞に始まり、小歌踊(おててこ舞)の露の踊、扇踊、若衆踊などの六番、稚児舞楽として鏡の舞、花の舞、鉾の舞など四番、それに神楽舞の種蒔き、しめの舞、万歳、獅子舞の順で進行する。このように種々の芸能要素を競演させている姿は芸能史的評価を高めている。

関連リンク

根知山寺の延年チェックした作品をもとに関連する作品を探す

根知山寺の延年
阿万の風流大踊小踊
加茂の三番叟と花踊
加茂神社の稚児舞
弥彦神社の舞楽
ページトップへ