新山の延年 にいやまのえんねん

無形民俗文化財 / 東北 

選択年月日:19791207
保護団体名:新山延年舞保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 延年は平安時代の末から鎌倉、室町時代にかけて行なわれた寺院芸能で、寺院での法要の後に催された諸芸能競演の形を言い、芸能の種類としては舞楽、田楽、猿楽等があった。現在これはわずかに地方の寺社のいくつかにそのおもかげを留めるのみとなった。
 たまたま山形県にはこれが数か所に伝承されているが、新山のものは伝承曲が一番多く(先鉾舞、稚児舞、オッコウ舞、クシャ舞、太平楽、天狗面舞、花笠舞、翁舞、獅子頭舞)、太平楽等の舞楽、田楽系統の花笠舞、仮面の舞等往時の延年の構成をしのばせている。
 なお、これが催される新山神社は、明治以前までは天台修験系の寺院として一派を形成していた。

関連リンク

新山の延年チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吹浦延年
安久津延年
高寺八講
根知山寺の延年
加茂神社の稚児舞
ページトップへ