別府明礬温泉の湯の花製造技術 べっぷみょうばんおんせんのゆのはなせいぞうぎじゅつ

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

大分県
別府市明礬
指定年月日:20060315
保護団体名:明礬温泉湯の花製造技術保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 別府明礬温泉の湯の花製造技術は、大分県別府市の明礬温泉で江戸時代より行われている湯の花製造の技術である。
 この技術は、湯の花小屋という製造施設をつくり、その内部で噴気と青粘土を利用して湯の花の結晶を作り出す技術であり、製品である湯の花は薬として利用されたり、入浴剤として利用されてきた。

作品所在地の地図

関連リンク

別府明礬温泉の湯の花製造技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

別府の湯けむり・温泉地景観
阿波の太布製造技術
小木のたらい舟製作技術
秋田のイタヤ箕製作技術
六合入山のネドフミとスゲ細工の技術
ページトップへ