与論島の芭蕉布製造技術 よろんじまのばしょうふせいぞうぎじゅつ

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

指定年月日:20200316
保護団体名:与論島芭蕉布保存会
備考:
重要無形民俗文化財

与論島の芭蕉布製造技術は、鹿児島県大島郡与論町に伝承されている、イトバショウの繊維を原材料として「芭蕉布」と呼ばれる伝統的な布を製造する技術である。与論島では、芭蕉布はバシャヌヌと呼ばれ、普段着や仕事着、帯などに主に用いられてきた。芭蕉布の製造は、イトバショウの栽培からはじまり、伐採と皮剥ぎ、皮の選り分け、灰汁による皮の煮炊き、繊維の採取、糸づくり、米糠によるアク抜き、整経、織りの工程からなる。イトバショウの繊維は、芯に近いほど上質となるため、ウヮーゴ(外)、ナーゴ(中)、ナーグ(内)の3種類に丁寧に選り分けて糸にする。糸づくりは、フーウミと呼ばれ、灰汁で煮て不純物を取り除いた繊維を陰干しした後、細かく裂いて、1本ずつ指先で繋ぎ、時間をかけて長い1本の糸にする。その後、糸車で撚りを掛け、精練、整経の工程を経て、高機で織る。織りは、平織であるが、芭蕉の糸は切れやすいため、適度な力加減と糸の操作が必要であり、熟練を要する。

関連リンク

与論島の芭蕉布製造技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿波の太布製造技術
喜如嘉の芭蕉布
苧麻糸手績み
芭蕉布着尺「サバキバー マユビチー」
芭蕉布
ページトップへ