岡田遺跡出土の釣手土器(116号住居出土) おかだいせきしゅつどのつりてどき(116ごうじゅうきょしゅつど)

その他の画像全2枚中2枚表示

土器・土製品類 / 縄文 / 関東 

神奈川県
縄文時代中期
浅鉢部と、その上に円形の窓状の穴を有した、三角形状の粘土板で形成された前面、及び両側面に円形の窓状の穴を有した粘土板を貼り合わせた背面から成る釣手部により形成されている。
器高21.7cm 最大経22.0cm
1点
神奈川県高座郡寒川町一之宮7-3-1(文化財学習センター)
寒川町指定
指定年月日:20120321
寒川町
有形文化財(美術工芸品)

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース
  • 寒川町

岡田遺跡出土の釣手土器(116号住居出土)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勝坂遺跡D区出土のマメ圧痕土器
田名塩田遺跡群出土のクルミ形土器
顔面付釣手形土器/長野県伊那市富県御殿場遺跡出土
海道前C遺跡土坑出土品
横田1号遺跡出土品  附、10号竪穴住居跡出土土器及び石器
ページトップへ