大槙3号遺跡出土品
(附、11号竪穴住居跡出土土器及び鉄器片)
おおまきさんごういせきしゅつどひん
(つけたり、じゅういちごうたてあなじゅうきょあとしゅつどどきおよびてっきへん)

金属製品類 / 弥生 / 中国・四国 

広島県
弥生時代後期前葉
青銅製品(扁平片刃青銅斧)
全長5.1㎝ 刃幅3.4㎝ 厚さ0.6㎝ 重量49g
1点(扁平片刃青銅斧)
附、15点(弥生土器6点、鉄器片9点)
東広島市河内町中河内651番地7
東広島市指定
指定年月日:20160421
有形文化財(美術工芸品)

青銅製品は、扁平片刃石斧を模倣した形で、平面形は逆台形をなし、刃部側の幅が若干広がり、側面はわずかに胴張傾向が伺える。刃部も軽く円弧を描き、前主面の鎬は明瞭でなく、内側に弧を描くとともに、縦断面でも刃部は丸みを帯びる。また、横断面は、最厚部の研ぎ落としと側面の面取りによって、青銅器本来の扁平な菱形から扁平な八角形となっている。なお、この青銅器の原型は中細形銅戈で、その峰部分を転用し、再加工したものと考えられる。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

大槙3号遺跡出土品
(附、11号竪穴住居跡出土土器及び鉄器片)
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

横田1号遺跡出土品  附、10号竪穴住居跡出土土器及び石器
釈迦寺遺跡出土遺物
銅戈
袋状斧形石製品
銅鉾
ページトップへ