文化遺産オンライン

徳島県矢野遺跡出土品

とくしまけんやのいせきしゅつどひん

作品概要

徳島県矢野遺跡出土品

とくしまけんやのいせきしゅつどひん

その他 / 縄文 / 中国・四国

徳島県

一括

徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2

重文指定年月日:20190723
国宝指定年月日:
登録年月日:

徳島県

国宝・重要文化財(美術品)

徳島市の西方、鮎喰川の扇状地上に営まれた集落跡からの出土品。立体装飾に富む土器や、水銀朱の精製を示す石器など、その内容は多彩。特に円形の粘土板に両眼・口を円孔で表現し、工具を突き刺して全面に文様を施した土面は、縄文時代最古かつ日本列島で最も西からの出土例として重要で、当時の精神活動の一端を良く示す。

関連作品

チェックした関連作品の検索