文化遺産オンライン

福島県荒屋敷遺跡出土品

ふくしまけんあらやしきいせきしゅつどひん

作品概要

福島県荒屋敷遺跡出土品

ふくしまけんあらやしきいせきしゅつどひん

考古資料 / 縄文 / 東北

福島県

縄文晩期

一括

福島県大沼郡三島町大字名入字諏訪ノ上418/福島県会津若松市城東町1-25

重文指定年月日:20181031
国宝指定年月日:
登録年月日:

三島町

国宝・重要文化財(美術品)

只見川右岸の段丘上に形成された遺跡からの出土品。多数かつ多彩な形態の縄文土器や、狩猟具・装身具などの石製品に加え、赤漆塗りの土器、糸玉、漆の貯
蔵容器、木製の鉢や杓子の未成品など、縄文時代晩期の漆工・木工技術の水準を良く示す。山深い地域における当時の生業の実態を示す資料として貴重である。

関連作品

チェックした関連作品の検索