田和山遺跡 たわやまいせき

その他の画像全3枚中3枚表示

史跡 / 中国・四国 

島根県
松江市乃白町・浜乃木町・乃木福富町
指定年月日:20010813
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 田和山遺跡は,宍道湖を北に臨む比高差36mの独立丘陵上に立地する,弥生時代前期後半から中期後半の集落跡である。平成9年から12年にかけて,市立病院建設に伴い松江市教育委員会により発掘調査が行なわれた。その結果,三重の環濠は巡るものの住居は環濠の外に分布するという,これまでに例のない構造の環濠をもつ集落であることが判明し,建設計画を変更して現状保存されることとなった。
 環濠は南北にのびる独立丘陵の北端部の頂部を取り囲んでいた。前期後半の段階では一条で,全周せずに3ヶ所の掘り残しがあったが,中期に環濠は三重となる。内側の環濠で囲まれた範囲は,2,250m2で,環濠の規模は最大で幅7m,深さ1.8mを測る。濠と濠の間と一番外の濠の外側で,部分的ながら土塁の痕跡も確認されている。
 頂部では多数の柱穴が検出された。弥生中期には頂部全体を柵が取り囲み,その中央部に掘立柱建物と考えられる施設が存在していたと想定され,前期後半にも,同様の施設があったと考えられている。
 竪穴住居は中期のものが,11棟検出された。すべて環濠の外にあり,10棟が北側に集中する。また,住居周辺では斜面に平坦部を確保するために作られた段状の遺構が,12基見つかったが,やはり,中期のものである。このように,遺跡が存続した期間を通して環濠内に居住域がなかったという点が,この遺跡の大きな特徴である。
 遺物には各種の土器と石器がある。注目されるのは環濠内から出土した3000点を越える自然石で,投弾としての機能も想定されている。このほか打製石鏃が数多く出土し,磨製石剣なども確認されてい…

作品所在地の地図

関連リンク

田和山遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下之郷遺跡
古津八幡山遺跡
山前遺跡
加茂遺跡
原の辻遺跡
ページトップへ