旧梶村氏庭園 きゅうかじむらしていえん

その他の画像全4枚中4枚表示

中国・四国 

岡山県
岡山県津山市
登録年月日:
管理団体名:
登録記念物

 近世津山藩の城下町に存在する住宅庭園である。近世末期から昭和初期にかけて主な建築が完成し,茶室の周辺の露地庭(ろじにわ)とともに主屋(しゅおく)の座敷に面して石組の池泉(ちせん)庭園が設けられた。
 特に,池泉の西南隅部に築かれた石組の築山(つきやま)と滝石組(たきいしぐみ)が注目される。地盤の高まりを造り,その強度を維持するために,敷地の西南隅部にL字形のコンクリート擁壁を設け,その上面と前面に大規模な巨石からなる滝石組を造っている。大小の石の間隙(かんげき)には灌木(かんぼく)や下草(したくさ)があしらわれ,湧き落ちる水の流れとともに,深山幽谷(しんざんゆうこく)を象(かたど)った築山及び石組の形姿には,力強さと独特の意匠が見られる。当地に伝わった近代の庭園文化の一端を知る上で意義深い事例である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧梶村氏庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉川元春館跡庭園
旧津山藩別邸庭園(衆楽園)
旧中西氏庭園
みとろ苑庭園
揚亀園
ページトップへ